不動産売却をしても売れないときの対処法

不動産売却をしても売れないときには、まずは売れない原因を考えてみることが重要です。例えば、大規模マンションの場合ですと、同じマンションから同時期にたくさんの物件が売りにだされているということもあります。同じマンションなら、当然価格が安いほうを購入したいと考えますので、価格競争が起きます。さらに、同じマンションから同時期にたくさんの物件が売りに出されていると、「このマンションにはなにか問題があるのかもしれない」と購入希望者は考えます。

不動産売却がうまくいかないときに、共通してとれる対策としては、価格を下げるということがあげられます。不動産会社は、査定をするときに契約をとりたいがために高めの見積もりをとることがありますので、そのような場合には価格を下げてもまだ高額であることもあり、さらに価格を下げる必要があるかもしれません。

一般人からすると、不動産会社はどこも同じであり、信用できると感じるかもしれませんが、実は不動産会社によって実力は異なります。不動産会社のアピール力・宣伝力などが不足していることが売れない原因となっていることもあります。不動産会社の実力に不安を感じたら、思い切って不動産会社を変えてみるということも考えましょう。

物件が原因であることもあります。基本的には、リフォームは安易にするべきではありませんが、クリーニングについてはできるならやっておいたほうがよいです。見た目の印象というのは、とても重要です。